炉開きもおわり、今日から心も改めて、炉のお稽古。

壷飾り、真行草の紐の結びと、旅箪笥にてのお点前お稽古。

旅箪笥は、利休が秀吉、小田原の役の時に茶人として同行した折に持って行ったとされるお棚で、原型は、旅に持っていくものですので、収納しやすくなっています。

小田原の役に思いを馳せつつ、とある老師より譲り受けた大変古い旅箪笥を使用し、お稽古致しました。