梅雨らしく

一昨日は、雨と雷に驚かされました。

風神雷神のお出ましでしょうか?

お茶室には優しく【風神雷神手毬】を飾っています。

 

そして、傘にちなんだものもお道具に取り入れて。

傘籠花入には、小判草、丘虎の尾、甘茶

香合は、市女傘香合。昔の高貴な人が顔を隠す目的で被られていた帽子のようなものですが、元々は市場の女性が被っていた事からこの名前になったそうです。

傘釜。平たくて本当に傘の様な釜です。

蛇の目傘も付け足し⁉️

 

花は野にあるように

茶花は、数を多く活けるのではなく、一輪の花の美しさを大切に致しますが、【花は野にあるように】と利休七則にあるように、庭で咲き誇っている花々の美しさも格別です。

上から

丘虎の尾 オカトラノオ

ニッコウキスゲ

ホタルブクロ

桃色糸花蛍袋

少し変わった蛍袋が満開です。

【桃色糸花蛍袋】ももいろいとばなホタルブクロ

下の蛍袋は、普通の花で、確かに蛍が入れる袋がありますが、上のホタルブクロは糸状のため、入れません💦💦

 

趣向を重ねて

5月がコロナ禍のためお休みでしたので、いきなり6月が初風炉に。

お道具の取り合わせのひとつの趣向として、同じテーマのものを3つ揃えると良いと言われます。

6月らしいテーマをいくつか決めて、お道具を取り合わせてみました。

まずは、【舟】

 

お軸は、【さみだれを 集めてはやし 最上川】

お香合は、蜑小舟香合(あまおぶねこうごう)。玄々斎五器の1つになります。

そして、茶道具ではないので、少しズルですが、

【おしん】の最上川でのおっかあとの別れのシーンを飾りに致しました。

茶室で、初夏の滴りを感じつつ、まずは基本に戻り、初炭や平点前のお稽古を致しました。

6月よりお稽古再開

1ヶ月間お休みしておりましたが、6月よりお稽古を再開する事ができました。

感染予防第一に注意しての上でのお稽古です💦

アクリル板など少しお茶室には不似合いなものの、やはり普段通りのお稽古ができる事は本当にありがたい事だと痛感です。

まさに【日々是好日】です。

 

一路庵の紫陽花が、とても綺麗です。

お茶花には少し大きすぎるので、こちらでお披露目を🌸

鯉のぼり香合

淡々斎好みの【鯉のぼり香合】

端午の節句にちなみ、昨年5月に初使いしようと出していたところがコロナ禍でお稽古がお休みに😭

そして今年こそと思い、また出していたところがやはりコロナ禍でお稽古お休みになり、再びデビューしそびれました💦

かわいそうなので、blogにアップを🎏

大山蓮華 名残の一輪

4月から、艶やかでどこか妖しいほどの芳しい香りで咲き誇っていた大山蓮華ですが、名残の一輪となりました😭😭

blogで香りをアップする機能が欲しい‼️

志賀島の金印??

梅雨の晴れ間が続きます。

今日は旅行気分になれる??(かも)お道具をご紹介します。

 

 

 

 

もうお分かりになった方も多いかと思います。

答えは、志賀島の金印を模したお香合です。

江戸時代、博多湾に浮かぶ志賀島(しかのしま)で農作業中に偶然発見されたそうで、その後現在は福岡市所蔵だそうです。

金印に刻まれた「漢委奴国王」の五つ文字から、漢の皇帝が委奴国王に与えた印であることが分かります。

ちなみに志賀島へは博多埠頭から船で30分ほどだそうです。

博多埠頭からは他にも海の中道、玄海島などに行くコースもあるみたいです。

歴史のロマンを感じそうですね。

このお香合は、炉の時期に、お茶室で皆さんにはお目見えしますので、お楽しみに‼️

 

甘茶・禊萩・未央柳

梅雨のジメジメとした天気の中、愛らしい花々は、心を癒やしてくれます。

 

右上 禊萩 ミソハギ

禊(みそぎ)に使われるから、とも、溝に植え

られるからとも言われます。

左上 甘茶 アマチャ

煎じてお釈迦さまの誕生日である花まつりの時

に飲まれる事で有名です。

下  未央柳 ビヨウヤナギ

美しい人の眉を柳眉と言われますが、楊貴妃が

玄宗皇帝と過ごした宮殿 未央宮殿に咲く柳が

楊貴妃の眉の如く美しいという事から名付けら

れたと言われています。

カラスビシャク&浦島草

今日はサトイモ科の茶花をご紹介。

左  カラスビシャク

ほぼ雑草クラスなので、道端でもよく見ます。

蛇が舌を出している様で、少し怖い感じです。

右  うらしま草

釣竿から、糸を垂らしているようにみえます。

葉がとても大きいのが特徴です。

右端の方に糸が垂れていますが、見えますで

しょうか?