星下り

少し前に戻りますが、中山寺では毎年8月9日に【星下り】が開催されます。

星下りとは、どのような行事か、中山寺のホームページを引用させていただきます。

八月九日(ここのかび)は西国三十三所の観音さまが星にのって中山寺に集まる日です。星下り(ほしくだり)という名の由来は、その三十三所の観音さまが来迎されるお姿が、あたかも星が降るようであるからとされています。

この日にお参りすると三十三所の観音霊場すべてにお参りしたのと同じだけの功徳があるといわれています。

昼間はたくさんの子供たちがお神輿をかついで本堂の周りを練り歩く稚児梵天がおこなわれ、夜の勇壮な梵天奉幣は入魂白熱の宝塚市無形民俗文化財に指定されています。

毎年、星下りには、お参りしますが、今年は特に夕暮れが美しく、荘厳な趣きでした。

浴衣デビュー

着付けを習い始めた2人!

涼しげに浴衣でお稽古致しました。

宝塚や猪名川の花火大会が開催されず、ちょっと寂しい夏でしたが、装いや、お菓子や、お道具で、夏を楽しんでおります。

23日が、暦のうえでは【処暑】

暑さが静まってくる頃だということですが、気がつけば蝉の声も静かになってまいりました。

暑いー🥵💦という言葉しか出ませんが、みえないところで秋が近づいてきているのでしょうか?


お茶箱のお稽古

8月は、お茶箱のお稽古を中心に!

6種類あるお点前のどれもが、出した通りに仕舞うという合理性に、数式を感じるようで(数学は苦手ですが)、とても理にかなったお点前だと思います。

ただ、ままごとをしているような感覚になるこのお点前は、どうも好き嫌いがあるようで💦

今年は、圓能斎好みの御所籠を用いた【色紙点】を中心にお稽古致しました。

祇園守

祇園祭は過ぎてしまいましたが

一路庵茶花の庭に、ムクゲ【祇園守 ぎおんまもり】が咲きました。

お茶会などでは、白の方をよく見かけますが、この花は、赤色です。

7月のお稽古 まとめ

🐠1週目

涼を感じていただくおもてなし、洗い茶巾を始め、名水点、葉蓋、流し点などをお稽古

2週目・3週目

中級クラス

小習を中心としたお点前を学ぶ事により、TPOに応じたおもてなしをお稽古

上級クラス

奥伝をしっかりと学びました

奥伝は、秘伝のため、お点前にふれる事はできませんが、【畏敬】の念が自然と感じられ、自ずと気が引き締まります。

上級クラスは、【仙遊】
花を活け
炭をつぎ
香を聞き
茶をいただく

比較的長い時間のかかる花月です。

その後行った無言投げ込み花月が、ずいぶん短く感じられました。

夏の着物

夏の着物!

汗をかくし、暑いしで、ついつい敬遠されがちな夏の着物ですが、本人はともかく、回りを涼やかにしてくれます。

帯や帯締めの合わせ方や、透け感も、季節の移ろいと共に変わり、日本の文化の細やかさを感じます。

7月も終わりに

あっという間に7月のお稽古も終わりとなりました。

暑さもいよいよ本番ですが、涼しげなお菓子も、お稽古な楽しみのひとつ(大部分??)ですね🍧

平成の終わりに

先日、一路庵にて、準教授の授与式を行いましたが、

先代の祖母の代からお稽古に来てくれてるK子ちゃんが、「今日、この古帛紗、初使いさせていただきました。」

見せてもらうと、懐かしい祖母の帯地。

平成元年になくなった祖母、皆さんに形見分けにと祖母の一番大切にしていた帯を古帛紗に仕立てたのですが、今日まで一度も使わず大切に持ってくれていました。


令和の記念お香合と共に

平成から令和へと、御代は変わりましたが、祖母の形見を大切なものとして、今日の日に初使いしてくれた気持ちに、懐かしく祖母を思い出し、心が洗われるようでした。

槿花一朝の夢

朝咲いて、夕方にしぼむ事から、ムクゲの花は、はかなく、槿花一朝の夢(きんかいっちょうのゆめ)と呼ばれます。

この時節の床の間を華やかにしてくれます。

日の丸


花笠

水菓子を添えて②

今日は、K子ちゃんの畑で取れたてのマクワウリを差し入れしていただきました。

最近はスーパーでも見かけなくなり、素朴なお味に、懐かしい!との声や、聞いたことのない果物!!との声!!