咲き分けの桔梗

今年は桔梗がとても美しく、梅雨の間、一路庵庭を紫、白、薄ピンクと華やかにしてくれましたが、今朝、咲き分けの桔梗が咲きました。

美しいです。

 

乞巧奠にちなんで

7月お稽古、一週目のテーマは、七夕。

別名 乞巧奠 (きっこうでん)について勉強致しました。

一般でその行事を見ることは難しいですが、京都の名家冷泉家は、乞巧奠(きっこうてん)を、今も守り続けておられます。

一路庵にては、芸事の上達を願い、有馬筆、琵琶、五色の糸巻などを飾り、特に五色の意味、五行思想について勉強致しました。

棗は、円能斎お好みの亀蔵棗を、そして玄々斎創案、末廣籠受け筒による梶の葉蓋など、夏のお点前を中心にお稽古、葛の中に短冊が飾られたお菓子も、涼を呼び美味でした。

 

 

6月・まとめ

今日から7月。

はや、一年も半分過ぎ今日から折り返し。

教室も、7月のしつらいに。

その前に6月のお菓子、お茶碗などご紹介を。

お菓子やお抹茶茶碗で、滴りの風情を楽しめました。

6月のお稽古道具②

6月のお棚は、坐忘斎お家元お好みの【吟風棚】ぎんぷうだな。涼しげな風情がとても素敵なお棚です。

替茶器として宋胡録 スンコロク。

タイの陶器で、桃山時代から江戸初期まで香合として重宝されたそうです。

蓋置は、5月に使うつもりでしたが、【八橋】

下にアヤメの絵が、そして蓋をのせるところが八橋になっています。

6月のお稽古お道具・棗

今月は2種。

⭐️田植えにちなみ、一粒万倍の願いを込めて

【徳風棗 玄々斎好み】

⭐️一路庵の紫陽花にも似ています。

【白叩き紫陽花蒔絵】

おもてなしの心と形

今月は、5月がお休みだったため、課目も多めに。

お薄茶、お濃茶、初炭の基本から入り、貴人点、清次、花月、荘り物など。

最初はお点前の順番を覚える事で精一杯だった人も、その形に至るおもてなしの心を徐々に理解し、自然なお点前ができるようになってきています。

この様な時だからこそ、心と形を整える時間は大切なのだと痛感致します。

 

梅雨の頃の茶花

梅雨の頃のお茶花は、それぞれ自己主張は強くは無いものの、楚々とした可愛さを持つものが多い様に感じます。

右から

右上 白蝶草 ハクチョウソウ

その下白い丸 丘虎の尾

その下薄いグリーン リョウブ

真ん中黄色 アキノキリンソウ

ピンク 松明草 タイマツソウ

左上 桜蓼 サクラタデ

左下 藤空木 フジウツギ

道で咲いていると見逃しそうな小花ですが、それぞれ生き生きとした愛らしさに癒されます。

 

 

 

 

梅雨らしく

一昨日は、雨と雷に驚かされました。

風神雷神のお出ましでしょうか?

お茶室には優しく【風神雷神手毬】を飾っています。

 

そして、傘にちなんだものもお道具に取り入れて。

傘籠花入には、小判草、丘虎の尾、甘茶

香合は、市女傘香合。昔の高貴な人が顔を隠す目的で被られていた帽子のようなものですが、元々は市場の女性が被っていた事からこの名前になったそうです。

傘釜。平たくて本当に傘の様な釜です。

蛇の目傘も付け足し⁉️

 

花は野にあるように

茶花は、数を多く活けるのではなく、一輪の花の美しさを大切に致しますが、【花は野にあるように】と利休七則にあるように、庭で咲き誇っている花々の美しさも格別です。

上から

丘虎の尾 オカトラノオ

ニッコウキスゲ

ホタルブクロ

桃色糸花蛍袋

少し変わった蛍袋が満開です。

【桃色糸花蛍袋】ももいろいとばなホタルブクロ

下の蛍袋は、普通の花で、確かに蛍が入れる袋がありますが、上のホタルブクロは糸状のため、入れません💦💦