令和3年、お稽古初め

11日より、令和3年の一路庵お稽古スタートです。

感染防止最優先に、今年も皆様と共に充実したひとときを重ねていきたいと存じます。

こんな時世だからこそ、一輪の花の尊さ、そして一服のお茶のありがたさを痛感いたします。

なお、第1週は初茶会。

今週土曜日まで続きますので、その後内容をアップさせていただきます。

補足

⭐️前回のblogにご質問ありました。

【クリスマスのお干菓子、とても素敵ですが、どちらのお菓子ですか?】

ご覧いただき、ありがとうございます。

◯上の方
La・KuGaN(ココア)  諸江屋 金沢

◯下の方

薄氷 森のクリスマス 五郎丸屋 新潟

La・KuGaNのパッケージも、とてもお洒落です。

今、大雪でどちらのお店もご苦労かと案じますが、

味はもちろん、目にも美味しい素晴らしいお干菓子でした。

 

 

12月のお稽古 その3

今、1番大切な事は、コロナ感染防止。

お菓子を触る人は使い捨て手袋で、お客様でいただく際は、お茶碗はもちろん茶巾も取り替えます。

主菓子も、blogにアップする時だけ外しますが、

基本的にはカバーをかけて。

 

今後も、皆で協力しながら、コロナ感染防止対策を徹底していきたいと思っています。

12月のお稽古 その2

 

12月のお香合は、

上段 狸 たぬき

下段 南瓜 なんきん

たぬきは、極寒の時期に行われる茶事、【夜咄の茶事】で好まれます。

夜行性であることがその理由で、他にフクロウなども好まれますが、

「帰り道、夜道でたぬきにばかされないように気をつけてくださいね🤭」というような小粋な配慮?も秘められているとか?!

 

かぼちゃの方は、冬至に合わせてゆずのお菓子と取り合わせました。

 

遅ればせながら💦昨年12月のお稽古 その1

昨年12月、アップできなかったので、今さらながらですが、12月のお稽古復習を💦💦

掛け軸は、【無事是吉祥】

年末は、無事過ごせた事に感謝しつつ、このお軸をかける年が多いですが、去年こそ、平常という事のありがたさ、大切さ、難しさを感じた年はありません。

どうぞ今年は、平常な日々が戻ります様に。

 

七草の日

あけましておめでとうございます。

気がつけば、師走はバタバタと過ぎ去ってしまい、ブログがすっかりご無沙汰に💦💦

コロナ禍で、時間の感覚さえ奪われそうな落ち着かない日々ですが、その中で季節は確実にうつり変わり、また、その季節に応じて、花は忘れずに咲いてくれる事に心打たれます。

 

今日は、七草の日。

正式には、【人日の節句】といい、五節句のうち、1番のお節句です。

ちなみに、中国では、1日は鶏の日、2日を犬の日、3日を亥の日、4日が羊の日、5日が牛の日、6日が馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていたそうです。そして、7日目を人の日(人日)とし、人日の節句とよばれ、その日に恩赦などが行われたそうです。

 

吹き寄せ

晩秋になると、照り葉が美しい樹々も落葉し、風が吹くたび、地面も葉に覆われています。

葉っぱ拾いには、ため息が出るものの💦💦集めたときの色どりの美しさは、この季節ならではの風情をしみじみと感じます。

この、集めた時の美しい情景を【吹き寄せ】と呼ばれ、お菓子やお道具にも取り入れられています。

お茶の楽しみは本当に奥深く、尽きないですね❤️

お稽古茶会

鬼滅の衣装👏👏良く似合います。

今年は、ほとんどのお茶会も中止となり、いよいよ年の瀬となったものの、いまだ収まる気配がなく、非常に心配です。

一路庵では、お稽古茶会ではありますが、それぞれのクラスにて、行いました。

主客の息が合うよう、お互いに気配りをしながら、

☪️薄茶

☪️各服点

をお稽古いたしました。

お菓子は、Yさんのお庭で獲れた柿を水菓子に。

太宰府 藤丸製 清香殿、

金沢 諸江屋製 菊花せんべい

主菓子は、唐錦。

どれも美味しくいただきました。

 

正倉院展にちなんで

毎年奈良国立博物館で開催される正倉院展は、テレビやポスターの広告を見るだけで天平のロマンにかき立てられる気持ちになりますが、今年は予約制で行く事ができない方も多かったそうです。

ただ、正倉院展ホームページを拝見すると、【自宅で楽しもう!】という項目などもあり、それがとても楽しく勉強になりました。

お稽古も、正倉院にちなんで、気持ちは天平ロマンに!

☪️仕覆 天平ハ稜華文錦

☪️お玄関にも、今年のポスターの図柄に合わせて、琵琶を(実はこれ、エコバッグを入れるポーチです😅)

☪️Tさん、正倉院の琵琶柄の帯 とても素敵です

☪️蓋置 仁清写 正倉院、琵琶に楽器散らし

 

 

木守・柿の蔕茶碗

今月の、お茶碗のお勉強は、

⭐️木守  長次郎七種のひとつ

⭐️柿の蔕茶碗 高麗茶碗の一種

「京極」(徳川美術館)、「毘沙門堂」(畠山記念館)、「大津」(藤田美術館)が有名。

秋にちなんで、柿にちなんだもので。