変わり棗で

今週は、少し変わったお棗を使い、本勝手、逆勝手のお稽古を。

淡々斎お好みの、独楽棚と独楽紋香次棗。

独楽は、千家の家紋。三千家少しずつ、独楽の形が違います。

地板がない棚でのお点前もあまりお稽古していないので、水指がお運びになる事を忘れがちに。

下側は、宝珠型に近い丸棗。いかにも茶杓をのせにくそうなのに、うまく茶杓がのることに感激。

お菓子も春色に!!

ちなみに、上側のお干菓子は、皇居二重橋と、パレードの時の馬車だそうです。

恐れ多い💦

コメントを残す